株価予想は非常に難しいもので、確実に上がる株を当てるというのは不可能に近いものがあります。
しかし、唯一の例外として前評判の高いIPOに関しては公開価格よりも上がることは確実視され、問題となるのは公開価格からどれだけ上がるのかということだけとなります。
このようなIPOを手に入れることができれば、ノーリスクで利益を出すことができるわけですが世の中、簡単に儲けることができることというのはないもので、IPOはほぼノーリスクで利益を出すことができるわけですから当然欲しいという人の数も多くなり、供給を上回る需要があれば抽選となってしまいます。
そして、当然人気の高いものほど競争も激しくなりますから、初値が公開価格の何倍にもなるような銘柄は簡単に当たるものではありません。

それに加えて証券会社というのは優良顧客を優遇するために、有望な銘柄を優先的に配分をすることがあるので一般の利用者は余計に当たらなくなってしまうということになります。
しかし、GMOクリック証券のように抽選が完全に平等な証券会社を利用すれば、一般の利用者でもチャンスを得ることができます。
GMOクリック証券ではIPOの配分を完全に平等な抽選としているので、大口小口は問わずに皆当選の確率は変わらないため小口客ほど有利になるといえるのです。
もちろん、GMOクリック証券のように完全に平等な抽選であったとしても当選の確率というのは非常に低いものではありますが、裁量配分がある証券会社と比較をすればはるかに当選をしやすいものですから、上がることが間違いないとされる超優良IPOがあるときにはGMOクリック証券のような平等な抽選をする証券会社を選ぶと良いでしょう。