初値高騰が約束されたようなIPOを当選するというのは非常に幸運なことですが、次に悩むポイントとしては何時売るべきかという問題が発生してしまいます。
初値が付いた後に大きく上昇するのであれば、売り時を逃してしまっても損をすることはありませんから、ある程度納得の行く金額になれば売ってしまうというのもひとつの手ですが、問題は下落した場合もたもたしているとあっという間にマイナスが大きくなってしまうことがあるだけに、IPOは当選したら当選したで何時売るべきかということを前もって考えておく必要があります。

とにかくIPOというのは上昇するにしても下落をするにしても、凄いスピードで動くため考える時間がそれほど多くとることができませんから、ある程度事前にどのようなタイミングで売るべきかということを良く考えておく必要があります。
そのため、時間的にも余裕がある上場前のタイミングで前評判などを考慮に入れて、売り時をよく考えておきましょう。
ただし、前評判というのも初値が期待できる場合と、セカンダリーで期待ができる場合で大きく変わってきますから評判を参考にするにしても市場が初値を期待しているのかあるいは、初値が付いてからの動きに注目をしているのかをよく確認することが大切です。
どちらにしても初値が付いてからではゆっくりと考える時間も無いぐらいに、株価が大きく動くものですから特に初値が形成されてから下落をしてしまったときのことを考えて、何時売るべきかということは良く考えておくようにしましょう。
せっかくIPOの当選をしたにもかかわらず、気分的に損をしてしまったという取引をしてしまうのは勿体無いので、IPOの取引は特によく考えて行う必要があります。